終活ってどういうものなのか

終活という言葉が浸透しはじめた背景には、家族の有り様やご近所付き合いなどといった時代の移り変わりが大いに影響を及ぼしています。 どうして終活は注目を浴びるようになったのか、どうして自分の人生の最後に対して準備をするようになったのか、その時代背景を紐解きます。

終活をはじめるタイミング

終活を考え出す人は人生の中のどのタイミングで、準備をしはじめるのでしょうか。 そもそも終活をはじめるのはどのタイミングがベストなのか。そしてどのようなきっかけでそれを考えはじめるのか。 ここでは人生の締めくくりに対して、人はどんなタイミングで、どのようなきっかけがあって意識をするのかを見ていきます。

終活の内容について

では、いざ終活を始めようと思い立っても、やってみようとして感じるのは、何から始めればいいのか、というところではないでしょうか。 具体的にどんなことをすればいいのかがわかりさえすれば、あとはやるべきことをやるだけです。参考までに一般的に終活の内容についてをまとめました。

おすすめリンク

相模原での葬儀マナー

葬儀のとき、故人の身内は忙しくて大変です。相模原での最低限のマナーや参列者への配慮をまとめました。

時代の移り変わり

ここ近年でよく囁かれるようになった「終活」とはどういうものなのでしょうか。
ひとことで言えば、自分の人生の「終」わりに向けた準備「活」動を指して終活と言います。主には遺言状の準備やお墓・葬儀の用意、それから生前の身辺整理などがこれに当てはまります。
何年か前に流行語大賞にノミネートされて久しいですよね。就職活動を指す「就活」とかけられているような、センスのいい洒落が利いているところが耳障りを良くしていたのでしょうか。それを境に広く浸透してきたように感じます。
ここで誤解をしてほしくなのが、終活とはただ死後に向けた準備をするだけのものではなく、人生の締めくくりを考えて準備をしておくことによって、今をより良く生きるために行う活動というポジティブな意味合いとして、終活という言葉は広まっています。ネガティブな活動では決してないのです。
人1人の死に際して、実は決して少なくはない手間とお金がかかります。人がなくなれば遺族はお葬式を催します。また埋葬するためのお墓を確保し、そこには墓石も必要になってきます。当然そこには何百万という単位でお金が動くし、葬儀社と相談したり、親戚や知人、友人にも声をかけるため膨大な手間もかかります。
遺産相続や生前にかけた保険金の受け取りなども手続きが必要になってきます。相続問題で、親族同士の揉め事が起きるなんてよく聞く話ですね。
そして何より、遺族は最愛の家族を失った精神状態でそれをやらなくてはならないのです。そこにかかる負担は想像を絶するものでしょう。
これらを生前に準備しておけば遺族の負担を少しでも軽減することができるんです。